TOP

風俗の体験談を読みたい方がもしもいるのでしたら、迷わず当サイトを利用すべきです。当サイトには、読めば思わず勃起してしまうような興奮度の高い体験談が多数ありますよ!興味のある方は、是非見ていってくださいね!

プライドを持って高級デリヘルで働く

誰でも何かに誇りや自尊心を持って生きていると思いますが、仕事であったり、趣味であったり、やり方でもプライドを持っています。むしろそのプライドが原動力になり行動させている事もありますが、逆にプライドが邪魔をしてなかなか素直に行動できない方もいます。このプライドと言うものは、時に役立ち、時には妨げになる時がありますので上手く自身の気持ちをコントロールしていかなくてはいけません。特にこのプライドというものは自分がその物事に力を入れているものに対して強く働きかけます。高級デリヘルで働く女性も「高級デリヘルで働いている」というプライドを持って働いている方も多いようです。高級デリヘルは高級と名前は付くものの大きい括りでは風俗店と変わりはないのです。ですが住み分けとして一般的なデリヘルとは違い、料金やサービスの質が高く「高級」というブランドを付けたデリヘル店ですので、デリヘル業界の中では一般と高級として分けられています。そもそも高級デリヘルはただ可愛いだけでは採用されず、入店するまでに厳しい採用基準をクリアしなければ実際に働くことはできません。ですので、この時点である程度厳選された女性が面接にくるので一般階層からしても可愛い、キレイと言われるに値する女性しか集まらないのです。こういった他者からの賞賛を得ている女性は自身の容姿や立ち居振る舞いにプライドを持っています。そんな方が集まる高級デリヘルですのでキャスト同士の人気競争が必然的に始まります。今までちやほやされていた女性が高級デリヘルで通用しなくなるのはざらで、上には上がいるというように今までのプライドを砕かれてしまう方もいるそうです。しかし、高級デリヘルで働く女性には「高級デリヘルで働けているんだ」という自尊心を持って働いて欲しいと思います。何故かと言うと、そのプライドが高級デリヘルを体現するからです。意識しないで仕事をするのと仕事をしないとでは大きく違います。高級デリヘルのように「高級感を体現しなくてはいけない」、と思えば自然と身なりはキレイになりますし、細かな部分まで美意識が届くようになります。また話し方も変わってきます。話し方一つでその人の風格や品格を表してしまうので高級デリヘルで働く女性はお淑やかな印象を与えられるように落ち着いた話し方が必要なのではないでしょうか。馬鹿に明るい話し方は一般的には良いかもしれませんが、高級デリヘルではそれは恐らくNGでしょう。明るいことは非常に印象は良いですが限度があります。ましてや高級デリヘルですので高級感のある話し方をする必要があります。こういった細かな部分もプライドを持って仕事をすれば自然とできてしまうものなのかもしれません。


入室から僅か30分程で帰った。

深夜2時頃にTELすると愛想の良い男性スタッフが応対。明朝9時30分に宿泊ホテルへの派遣をお願い。好みの女の子聞かれるも『デブだけは嫌だ』と回答すると、とてもお勧めのデリヘル嬢がいるとのこと。但し、受身で激しいお触りと指入れは禁止だと。しかし、美形とのことなので何となく納得。最初は定番、一緒にシャワーを浴びながら、身体全体を洗ってもらった。そしてこれも定番、消毒液でウガイを強制される。バスルームから出てベッドに座っていると、横になれとのこと。ご命令どおり寝ると、おデリヘル嬢が上に被さって来た。すると左乳首を吸いながら右乳首を指でコリコリされた。そして、早くもフェラチオの開始。まだシャワーを終えて5分も経たない急ピッチ。フェラチオを始めて1分経たないうちに、いきなりコンドームを被せられる。えっ?。挿入あり?ただ手でシコシコされただけでした。そこから騎乗位でスマタに移って、手での手コキも加わっての発射となりました。


次回は違うお店にします

なんだか自分の相手をしてくれたのが演技丸出しだったので結局ショックでしたね。今回のデリヘルは結構期待していただけに差があったのでかなり凹みました。相手をしてくれたHちゃんは結構きれい目でルックスは正直当たりのぶるいだったとおもいますが、サービスが全体的にわざとらしく素直に楽しむことが出来ませんでした。キスをするにしてもすぐに脚ががくんとなるとかはやりすぎだろうと思いましたし、こちらがクリを舐めていると1分もしないうちに大声でいくとか言い出したのでさすがに冷静になってしまいましたね。自分が冷静になってしまった以上は攻めることが楽しめなくなりましたので彼女と交代して攻めてもらうことにしました。その瞬間から本気を出した彼女はめちゃくちゃ激しく自分を攻めてきましたので結局いってしまいました。自分の中では今回の経験は普段あまりないのですが結構虚しい時間を過ごすことになったので次回はこのお店は使わないことにします。